ページのトップ

もっともっといばらき
未来のいばらきを担う“いばらキッズ&ジュニア”応援サイト
漫遊空間いばらき スタンプラリー2006
  (漫遊いばらき観光キャンペーン推進協議会)
  • 茨城県内のスタンプ設置施設を周って、専用の応募用紙にスタンプを押す。
  • 異なるスポットのスタンプ6個でAコース、3個でBコースに応募できる。
  • 抽選で茨城のホテルや旅館のペア宿泊券や協賛施設の招待券・入場券などが当たる。
  • 実施期間は2/1〜7/20(平成18年の場合)
  • スタンプ帳は駅や協賛施設で入手可(無料)。
  • このスタンプ帳には各施設で割引などの特典が受けられるお得なクーポン券が付いている。
詳細はこちら茨城県観光のホームページ「漫遊空間いばらき」へ
我が家の実績(平成18年)
番号 訪問先 場所 訪問日 コメント スタンプ
大宝八幡宮 下妻市 5/3 大宝元年の701年に建てられた、関東で一番古い八幡様。境内は平安時代から南北時代にかけての城跡で、国の史跡に指定されているそうだ。6月中旬からあじさい祭りが行われ、あじさいの原種もみられるそうだ。6月最後の日曜日には流鏑馬もやるので、次回はもう少し後の時期に来よう。
道の駅しもつま 下妻市 5/3 そばがおいしいらしいが、食事の後に寄ったので、次回試してみよう。
小貝川ふれあい公園 下妻市 5/3 オオムラサキが羽を広げた形のユニークな建物。入館は無料で、オオムラサキの成長の様子を立体映像で見ることができる。屋上の展望鏡からは筑波山が間近に見える。小貝川フラワーフェスティバルは5月14日からで、まだポピーは咲いていなかった。大宝八幡宮同様、来るのが早かったようだ。
牛久大仏 牛久市 5/5 ゴールデンウィーク中のイベント「なつかし露店と大道芸人」、一木ひろしさん、すご〜く、似ていた。CDかけてるのかと思ったほど。絵付け教室やお花摘み、ウサギとのふれあいは子ども達に人気。
ミュージアムパーク
 茨城県自然博物館
坂東市 5/28 何度も訪れている施設だが、第36回企画展「サルを知り、ヒトを知る〜自分たちを探る旅〜」のトゥーマイを見たくて訪問。常設展も毎回見る。野外施設も子ども達にはおもしろいらしく、一日中OK。
農業公園豊作村
 湯ったり館
龍ヶ崎市 6/3 ここはおばあちゃんお気に入りのスポット。孫と大きいお風呂に入れるので、うれしそう。
国土地理院
 地図と測量の科学館
つくば市 6/4 毎年「地図と測量の日(6月3日)」の前後の日曜日に開催される「地図と測量のフェスティバル」では参加・体験できるイベントが盛りだくさん。日本地図パズルの無料配布などもある。
つくば植物園
 (筑波実験植物園)
つくば市 6/4 国立科学博物館(東京都上野)の筑波実験植物園。広大な敷地に約4,000種の植物が植えられていて、空気がおいしい。高校生までは入場料が無料なのがうれしい。かはく子ども教室などの子ども向けイベントばかりではなく、一般向けのイベントも開催されるので、親も科博友の会に入会して、何度も入園したいところ。
水戸市手づくりチーズ工房
 森のシェ-ブル館
水戸市 7/8 もっともっといばらき リポート2
10 水戸市植物公園 水戸市 7/8 もっともっといばらき リポート4
11 お菓子夢工場・お菓子博物館
水戸市 7/8 もっともっといばらき リポート5
12 かすみがうら市水族館 かすみがうら市 7/15 もっともっといばらき リポート7
13 霞ヶ浦ふれあいランド 行方市 7/15 もっともっといばらき リポート8
14 道の駅たまつくり 行方市 7/15
反省;
「漫遊空間いばらきスタンプラリー」は2月1日から始まっているのに、寒い〜、風邪をひいたら大変、などと言い訳をしながら、結局スタートしたのはゴールデンウィーク。スタンプは14個と半端に終わった。来年はもっと早くから計画を立ててもっともっと施設を周って、もっともっといばらきを満喫したい。




Copyright(C) もっともっといばらき. All Rights Reserved.